【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2007/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2007/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPER

コンビニで週刊現代を立ち読みした。

手に取ったのはボクシングの亀田家ネタと勘違い女の沢尻エリカネタが
面白うそうだったから。

礼儀を知らないこの方たちは、早い時期にマーケットから退場?して下さいw


で、雑誌の片隅に

「バリュー投資の達人が開発」

「PPERが見抜いた超お宝株

という文字を発見!!


なんだ~!? このPPERというのは?

ということで立ち読みするに、PERは株価をEPSで割った数字。

で、これにPBRも考慮した数字がPPERだということだ。
どういうことかというと、株価から一株当たり純資産を差し引いた額を
EPSで割るという単純な計算です。

これ、実は私もやっていまして、私の場合は一株当たり純資産ではなくて
グレアム風味でたな卸資産やら固定資産はかなりショッパク減額します。
例えば「建物や付属設備等」は価値ゼロで計算するとか。

これをマーケットスピードのリアルタイムスプレッドシートに入れておくと
後はEXCELのデータ⇒並べ替えで簡単にチェックできる。

しかし、この1年ぐらい見ていると、実際に有効なのかどうかは今のところ
不明だ。一応、参考程度に見てはいるが、私の場合やはり基本はPERかな。

PERに始まりPERに終わる

意外と単純で簡単な指標だが奥は深いと思っています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。