【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/04≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似てる会社

監視銘柄の片隅にある6860【SUNX】
今日はえらく上昇していたので、引け後の決算(来期見込)が良いのかと
思ってましたが、並でしたか。

後場の上昇を見てると、情報が漏れてるのかと思いましたが。
6860070426

このSUNXって銘柄ですが、昨日書いたバンダイビジュアルと結構似ている
ですよね、どこがっていいますと、SUNXは本日9%も値上がりしましたが
昨日の終値ベースの時価総額が326億円。

昨日書いたようにバンダイビジュアル(以後BV)が347億円

有利子負債はともにゼロ

親会社がともに大企業で
BVは【バンダイナムコHD】62.3%保有
SUNXは【松下電工】が50.1%保有

B/Sも似てまして、この会社の流動資産もBV同様、現金類の比率が高い
優秀な資産内容です。昨日書いたようにザックリとした価値を見ると

BV:時価総額-(流動資産-負債)=232億円

SUNX:時価総額-(流動資産-負債)=231億円

いやはや、ほぼ同額の数字ですな。

業績を見ても似たような感じで増収増益傾向です。

BVとSUNX業績比較

監視銘柄に入れて置きながらBVを買ってSUNXを買わなかった理由は?
と聞かれれば、

SUNXはハイテク企業なので設備投資や研究開発にお金がかかること。
いっぽうBVは過去の財産で飯が食えること、これが結構大きいかな、例えば
昨年度の設備投資にSUNXは17.3億円かけましたがバンダイビジュアルは4.9億円
研究開発費はSUNXが11.8億円ですがバンダイビジュアルは1.6億円

技術革新が早いこのセクターは設備投資と研究開発は生命線ですから、今後永久に
費用はそれなりにかかるでしょうね。

こういった点が投資CFに表れています。

BVとSUNX CF比較

BVの07.02期における投資CFは、昨日書いたように設備投資等にお金がかからない
ためダブついた余剰金を親会社に短期貸付4,000百万してますので注意を。

見て分かるとおりBVの方が安定的な収入を見込めそうですよね。

ということで私の場合は、似たような2つの会社でしたが買うのは
4325【バンダイビジュアル】だった訳です。

時価総額が今後どのようになるのかを2社比較で見比べていくと面白いかもですね。



コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/110-112bad29
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。