【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2006/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2006/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9733【ナガセ】

株価2,060円
19年3月期予想EPS 167円 予想PER12.3倍
20年3月期予想EPS 197円 (会社四季報) 予想PER10.4倍


まずは財務状況をみると自己資本比率が平成19年中間期で27.7%とこのセクターにおいては
悪い数値ではありますが、上期にM&Aのための長期借入金7,000百万円を調達したことによる
ものであり、実際には年々改善傾向にあります。

9733自己資本比率


これは営業CFの範囲内での新規校舎を出すという確実な戦略が成果を出している
ものと思われます。過去の実績を見ると平成14年度以降5年の間、投資CFが営業CF
の範囲内にあり着実に負債が減っていることをみれば一目瞭然です。

9733CF


上期70億円の資金調達は「四谷大塚」の買収に伴う費用であるが、このM&Aは非常に
良い買物だったのではないでしょうか。

四谷大塚は中学受験に特化した学習塾で難関中学への合格実績を積み重ねてきた
ブランド力がある学習塾です。
この辺は2006/10/12 日経産業新聞に載ってますが永瀬社長自身が、

「長年、四谷大塚は意中の企業だった。教育産業は、実績がなければどんな理念を
打ち出しても受け入れられない。四谷大塚には積み上げた抜群のブランド力がある」

と言っているとおりだと思う。また

「四谷大塚の授業の映像をナガセの衛星配信システムに乗せ、提携先の塾に配信する
ことも考えられる」

と今後のシナジー戦略案も語ってます。実際には、

「四谷大塚は開発した教材を提携塾に販売し、自らの教室展開は15校にとどめてきた。
ただ、国私立中学校の受験人気を考えると、15校という教室数は少ない。
四谷大塚が開発した試験の地方開催も需要が見込める」

というように色々なことが考えられるので、これからの戦略に期待したい。

私個人としては大学全入時代の中「東進ハイスクール」の水平展開だけでは限界がある
ので四谷大塚を吸収したことによる垂直展開まで含めた今後を大いに期待しています。


四谷大塚について簡単に書くと、

創立は1954年、駿台四谷分校と大塚予備校の2会場で「日曜教室」スタート。

1976年には、あの有名な 「合不合判定予備テスト」を開始

1998年に 首都圏の提携塾で「YTネット」スタート。
このYTネットには4718【早稲田アカデミー】なども提携塾として参加しています。

四谷大塚の特徴は、ひとつに「予習シリーズ」という素晴らしいテキストがあることだと思う。
首都圏の中堅中学はこれ参考にして受験問題を作っているという話もあるくらいです。
またもうひとつの特徴は「合不合判定予備テスト」でしょう。中学受験をするための
自分の学力を客観的に判断するには「合不合」と首都圏中学模試センターの「統一模試」
しか無いため業界のスタンダードになっておりこれらの確かなブランド力の元、これからも
確実に収益に貢献するものと思われます。


四谷大塚(05.09期)
売上高:67億1800万
経常利益:6億7900万

四谷大塚出版(06.03期)
売上高:14億4300万
経常利益:4億9300万

この四谷大塚出版の経常利益率34%から分かるようにブランド力は強力ですね。

この2社の買収金額は58億1600万。ザックリとした2社の経常利益が11億7200万。
経常利益で買収金額の利回りを計算すると20%ですか、色々見てると本当に良い買物でした。
この買収にともなう「のれん代」は約20億で5年償却するとのことなので年間4億円。
来期業績への負担は思ったほど無いですな。

9733ROE


ROEも過去3年間は20%台で推移しており文句なしです。

一方、PBRは高いので(PBR3.7)安全域を考えると株価の下値不安はありそうですが、
高配当銘柄なのでなんとかなるのかなと。

過去の配当性向を見ると実は高く、来期予想EPS197円から推測するに40%程度の80円の
可能性も否定できないが上期70億の借入れもあり固い線で考えると平成19年が70円、
平成20年に80円配当が良い線かなと思ってましたが、、

先日の配当修正発表で平成19年80円配当ときましたか。やはり配当性向は50%近いですな。
今期はひょっとすると100円配当か?その場合の配当利回りは5%程度となり株価の下支えに
なるでしょうね。

9733配当性向


問題は出来高が少ないこと。つまり売りたい時に簡単には売れません。忙しい資金での投資は
禁です。ま~買いたくてもなかなか買えないという悩みもありますがw
1単位が1000株単位で最低投資資金が約200万円ということもありますが、兎に角、笑えるぐらい
薄い商いです。


9733出来高


ま~誰かが投げるのをじっくり待つしかないでしょうね。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/115-44a48b1a
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。