【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-REIT

東証REIT指数が勢い良く下げていますね。
J-REIT0707

個人的にはJ-REITに乗り遅れてノンホルダーだったので歓迎ですけど。
J-REITは2001年9月に2銘柄、時価総額ベースで2,600億円でスタートしたのに
2007年5月末には41銘柄で6.7兆円です、、、6年弱で25倍、、、バブルだw

そもそもリートって利回りを基本ベースに考えて投資するんじゃなかったの?
と思うのですが、最近のリートは平気な顔して利回り2%ですって言いやがるw

おいおい株の配当金じゃないんだから5%~7%ぐらいはあってしかるべきでは?
とでもいうとイールド・スプレッドが、と言い返されてしまう。。

この5月末時点での10年物国債とのそれは、0.91%らしいのだが、さすがに危険値
じゃないの、とノンホルダーなので売り煽るのですがw

J-REIT買いの主体のひとつにファンドオブファンズ型の投信がありますが、今では
約60本もあるんですね、1年前から比べると倍です。J-REIT時価総額の15%を占め
るといわれてますが、そろそろお腹一杯ですかね。

2005年末の不動産流動化銘柄みたいなチャートをしているのが多いんですが、今思
うと、売っとけヨ>俺、、と反省中。

週明け月曜日も安そうですね。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/144-aafb590b
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。

J-REIT

リート(REIT)不動産投資信託 RSS三菱商事、フィリピンAYALAグループとアジア不動産ファンドへ出資三菱商事グループは不動産証券化業界のパイオニアとして、2002年に商業施設特化型の不動産投資信託(J-REIT)事業を立ち上げた ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。