【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンランスフォーマー

映画トランスフォーマー

トランスフォーマーを見てきました。

ストーリーはひねりも無く、製作費用を考えると稚拙な感じもしますが、
この手の映画は能天気に見たほうが楽しめる。
スクリーンの中でガンダムが大暴れという映画ですね。

そのガンダムは敵と味方がいるんですが、最初に発見された敵は1934年
とのこと。

1934年?!

ベンジャミン・グレアムが、かの有名な「証券分析」を出した年じゃないかよ。
て、そんな年号を思い出す奴は映画館で間違いなく私だけでしょうw

途中では、ロボット君のコントがあったり訳わかめですが、その変身しまくる
どこから来たか不明なロボットを最初に見た主人公は、

「日本製に間違いない!」

と言い切ってましたね。

この手の映画をみてると必ず優れた技術で作られた製品は日本製ということに
なりますが、そうなんですよ、日本の技術力は世界一なんです。

世の中、サブプライムローン問題やらで世界同時株安か?と騒がれていますが、
優れた技術を持った企業を割安に仕込めば「果報は寝て待て」状態でしょうね。
逆に、技術力を要しない参入障壁も低い企業だと「下方(修正)は寝て待て」
になるんでしょうが(汗


取り合えず140分もある長い映画ですが、ガンダム嫌いでなければ、あっという
間で楽しめると思いますのでお盆休みにいかがでしょうか。
ちなみに明日は14日なのでTOHOシネマズでは映画が1,000円で見れますよ。
(語呂合わせで14日⇒トーホーなんでしょう)

んで続きが見たくなったらガンダムシリーズのDVD買ってくれ、バンダイビジュアル
ホルダーからのお願いですww

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/167-3229a33c
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。