【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライム問題

070806dow

朝起きてNYの市況を見る。お約束のように今日も下げてる。
為替も1ドル116.57円、皆さん元気に生きていますか?

朝起きてNYの市況を見る。お約束のように今日も下げてる。
為替も1ドル116.57円、皆さん元気に生きていますか?



さてサブプライム問題はどこまでいくんでしょうか。

ネットで分かり易いチャートを見つけたので貼り付けておきます。

070816


色々と問題がありますが、最後の

「消費や新たな住宅投資に追い風」

という部分、ここですよ。

そもそもアメリカが1998年の金融危機の時に金利を大幅に下げて、
その低金利の追い風とともに住宅ローンの貸し出しが増えたわけです。

不動産の価値が上ると、担保価値上昇分の含みをもとに金融機関が
さらに貸してくれる。

いわゆる「モーゲージ・エクィティ・ローン」ってやつだ。

しかもこのローンには使用用途に制限がないんですよ、つまり何を
買ってもOKってやつです。

しかもローンの金利は税金から控除!
こうなったら借りなきゃ損・損!

浪費癖の激しいアメリカ人にこれやったら駄目っしょw

日本人のように「取り合えず貯金」という人種じゃないからね、
「取り合えず、なんか買っとけ!」って人種ですよ。

アメリカでは不動産価値がドンドン上ってきていたので、金借りては
更に新しい物件を買っては貸す、更に価値が上ればまた金を借りる。

住宅や日本製の車、プレステやWiiなどや株式投資などにも金は向かう。

こんな図式だったんでしょうね。



これが今や「消費や新たな住宅投資に大逆風」
ハリケーン並みか?w

速報で出ているアメリカ第1Qの中古住宅販売戸数は前年同期比▲10.8%だ。

金融機関も火消しにやっきだが、05年末のアメリカの銀行における住宅
ローン関連資産の割合が実は60%もあるという話だ。

怖いね~

当然、金融機関がうんたらかんたらという問題だけじゃないと思いますよ。
アメリカの消費は当面停滞でしょう。

散々、バブルで踊ったアメリカ人。しばらくは踊り疲れてアメリカは停滞
するんでしょうね。

アメリカへの輸出で儲かっている会社は要注意かも。

そして為替は円高か?


でも今回は一旦戻して本当の爆下げは秋じゃないかな~って妄想中なんですが。
何事においても妄想は大切であるw


そうそう、昨日閃いたんですが、円高ヘッジに1328【金連動投信】のショート
っていい鴨。金の価格が変動しないことが前提ですが。。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/174-9e02e5bf
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。