【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株は心理戦

今日の値動きを見ていると、特に不動産流動化銘柄を見ていると
なんだかな~
ついこの間までは、情け容赦なく売り叩いて、誰も買う人間なんか
いなかったのに、今日は大暴騰ですか・・・

ファンダメンタルに特に変化はないと思うのですが、これが株の
難しいところでしょうかね。


今日は不動産関連で8946【陽光都市開発】を叩き売りました。

以前書いたのですが、低PERで、なんといっても高配当利回り、
本日の終値で4.66%ですので売る理由はなさそうなのですが、
この銘柄の大前提が中間決算までの数字を見る限り、

今期の数字は問題なし ⇒ 当然配当5,600円も100%問題なし

来期以降の業績はまだ不明だが、得意のエリアでの市場拡大が
予想されているので、そんなに業績悪化はないのでは?

低PERと高配当利回りが株価の下支えになるだろう

という前提で当面はHOLD問題なしと見込んでいたのですが、、
先週末のプレス発表での記事に気になる部分がありました。


1.事業背景の2行目ですね。

「平成19年9月末現在、75棟3,554戸を供給しており」


ん?中間決算の数字(6月末時点)では71棟3,306戸の供給の筈
なんですが。。

ということは、この第3Qは248戸だけ??

なんだか良く分かりませんが(IRに聞いとけってことですが・・・)
取り合えず分からんものは売っとけ!ということで前場で全部売って
しまいました。

ま~このまま相場が好転して上値を追っていくとも思っていないので
CP上げとくチャンスかも知れませんしね。

そうそう、すこぶるベア派の松藤氏がこれからテレ東の「ガイアの夜明け」
出演するので必見ですよ♪

コメント

お久しぶりです

株価が回復してきたので投資を再開したのですが人気のテーマは新興市場の復活
と、情報通信業、不動産業、の反発かと考え、ジャスダック市場への投資と、にがてな不動産業も、いくつか購入しました
日本エスリード (8877)
ラ・アトレ (8885)
日本エスコン (8892)
タカラレーベン (8897)
シノケングループ (8909)
いずれも好調ですが、しかし日経新聞によれば
「国土交通省が発表した7月の新設住宅戸数23.4%減8月の新設住宅戸数は前年同月比43.3%減の6万3076戸で、過去最大の下落率となった。
耐震偽装の再発防止のため、建築確認の審査を厳しくしたのが主因」
11月初旬に中間決算の発表があり、その前に下方修正をいずれも出してくる恐れがあり遅くても今月下旬までに
売却する予定ですが、その前に株価が頭打ちになれば即売却するつもりです。

こんばんは。

おっしゃるとおり不動産関連は要注意ですね。
いわゆる改正建築基準法の施行により業界の期首計画通りの承認が
おりていない可能性が非常に高いです。
ただ今回の流動化関連銘柄等の反発を見ていると、投資家が買うタイミング
探しているのは間違いないような気がするので割安なところは(不動産以外で)
拾っていく予定です。
http://www.news.janjan.jp/living/0709/0709031756/1.php

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/204-24e39397
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。