【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7548【サンクスジャパン】誰の入れ知恵か?

現在TOB中のサンクスジャパンですが、今回のMBOのいきさつは、

投資ファンドの入れ知恵だろう。


今は確定してしまってノンホルダーですが、買付け価格850円は不当に安い。
この水準でもPBRは0.9倍もない。PERは約10倍だが、これだって分からない。
というのも今月1日に中間決算を発表しているが

売上:43,033(+6.9%)
経常:967(+43.6%)
利益:546(+50.1%)  カッコ内は前年比


この会社は上期の比重が高い会社なのか?


前年の実績をみると上期:下期は50:50だ。

ザクッと今上期の数字を2倍にして通期予想を出すと

売上:86,000(+6.3%)
経常:1,930(+44.2%)
利益:1,090(+53.5%)

となって推定PERは8.4倍だ。

昨年春、創業者である西直樹氏(持ち株比率19.1%)西尾武氏(持ち株比率5.5%)が
実質引退するにあたり、その持ち株の引き受けをめぐって投資ファンドが「入れ知恵」
をしたんでしょうな。

実際、西直樹氏は持ち株を捌きたかったんだと思う。というのも07.02期に268万株を
市場で捌いている。そんな流れのなかで、新しく社長になった佐賀銀行出身の大嶌社長が
現株主を軽視した行動ではないかと思います。


こういうスキームじゃないだろうか。


将来、個人投資家がマーケットに戻ってきてIPOの人気も盛り上がってきた時に、
新規公開をすればPER13倍前後で捌くのなんてわけなく出来ること。

例えば現在PER8.4のPBR0.9だとしてROEは7.56倍になる。

店舗の展開を加速させるとして借入金を増やしてPBRの数値も増やす、例えばPBRが
1.5倍になったとする。ま~この程度のPBRなら新規公開時に全く問題ないしね。

とすれば新規公開時の売出し価格仮条件の算出時には

PER 13.0倍
PBR 1.5倍
借金を増やせば必然的にROEの数値が上がり19.5倍となる

おぉ!なんか凄く割安で将来性がありそうな会社には早変わり!

勿論、社名も「サンクス」はコンビニとかと間違われやすいとかの理由をつけて
【ダイレックス】に変更する!全くもって生まれ変わった会社の印象を与える。

この会社の現在の成長からするにEPSが3年後、つまり2011年02月期の予想EPSが
130円~140円程度になっていることは全く不思議ではない。いや普通に可能だろう。
株主優待などの無駄な経費もなくなるし。

仮に130円だとしてもPER13での仮条件1,690円に申し込む個人投資家はわんさかいるだろう。

つまり2007年11月に850円で投資家から巻き上げた株を、ほんの少し寝かせて化粧
直しすれば簡単に倍化だ!

そんな投資ファンドの「入れ知恵」に、今の経営陣はイエスといった訳だ。ま~その間に
ストックオプションも入れときゃ、自分の懐も暖かくなるしねw

MBOで全株式を強制的に強奪!
これこそが、まさにケツの毛まで抜く投資ファンドのやり方。

何時の時も損するのは個人投資家なんだよな・・・

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/211-561bf65c
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。