【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROIC(投下資本営業利益率)

私は銘柄選びで四季報CDのスクリーニングを使いますが、そのひとつに
ROIC(Return on Invested Capital)があります。

投下資本営業利益率のことで、計算式は

税引後営業利益÷投下資本

となります。四季報のBlogを参考にしてください。


前から書いていると思いますが、私はボッタクリ営業の会社が好きです。

同じ100万円の売上だったら営業利益10万円の会社より20万円の会社を選ぶ。

最近買った4502【武田薬品工業】の08.03中間期の営業利益率は37%ありますw


今回は、同じ税引後営業利益を得るならば、少ない資本投下で活動している
会社のほうが効率良くね? ということです。

例えば、どんな銘柄があるかというと(PER20倍以下でスクリーニング)

ROIC


私が今持っている銘柄でみると、

6位  7839【SHOEI】
10位 4290【プレステージ】
18位 4659【エイジス】
19位 3788【GMO-HS】
29位 7722【国際計測器】
31位 4325【バンダイビジュアル】

と結構多いです。

中間決算発表が出揃った頃に、特に業績修正を出した銘柄に関しては手作業で
修正確認をしなければなりませんが、下手な銘柄分析するなら、機械的にザクッ
と出して分散投資するのも手ですが、その時の指標のひとつとして面白いかも
しれませんよ。




コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/239-5a2fb0dd
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。