【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1円パチンコ

私はパチンコをしないので詳しくは分かりませんが、

矢野経済研究所の調査によると12月末現在の全国パチンコ店舗数は
前の年に比べると約11%の減少だそうです。

店舗を運営する企業数でみると9%の減少ですが、売上100億円以下
の企業の減少が約18%と100億円以上の6%減と比べると大きいこと
が分かり衰退産業での生き残りをかけた戦い、生き残った者には、
残存者メリットが享受できるということでしょうか。

最近、よく見かけるのが「1円パチンコ」なる店。

確か貸し玉は4円だったはずなので、負ける額も四分の一で済むと
いうので人気があるのでしょう。
(実際には出玉率はもっと下げないと運営できないと思うので、四分
の一以上に負けるとは思いますが)

店側から見ると利益は四分の一どころではないでしょうな。固定費は
そうは変わらないでしょうから、どこで削るって、当然パチンコ台を
中古で入れるとか、新台入れ替えのローテーションが空くとか、そう
いう部分で調整をかけるのではないだろうか。

ま~チェーン展開をしている場合は、4円パチンコ店での新台入れ替え
時に古い台を1円パチンコ店に持ってくるという手はありますが。


どっちにしろ、普通に考えると

パチンコ店が減っている。

パチンコ店での台の入れ替え期間が延びている。

となれば新台の販売台数は低下する ⇒ キラーコンテンツ?の
パチンコ台を持っているメーカーを中心に動く。

と考えるのがパチンコをしない私みたいな凡人の推理でしょうか。
ということで当面この関連業界は駄目だと妄想しています。


コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/283-fd7c1a88
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。