【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経新聞を見て【タビオ】

靴下業界も競争が激しくなってきましたか。

そもそも、この業界って、例えば2668【タビオ】のビジネスモデルを
見れば分かりますが、

店舗経営は少ない坪数で可能だし、客数の上昇とともに、販売効率が
急激に上っていく商品、業種だと思う。

今朝の日経新聞を見てると「TABIO GARAGE」の写真つきの
記事が載っていたが、それ以上に気になる記事があった。

8013【ナイガイ】が8月末で不振の婦人服事業から撤退するとのこと。
展開していた「ポロ・ラルフローレン」ブランド事業が、ポロ社から
ブランド使用の契約を打ち切られたため、7月末でやめるとの内容。
今後は靴下事業に集中すると書かれている。

靴下屋の成功を目の当たりにして、他社も本格的に参入か。


福助も駅ナカに力を入れ始めたし、最近ではパテドゥワなる専門店も
展開し始めた。直営店戦略を加速中か?


2668【タビオ】の株価は1,040円で四季報での09.02期予想PERが5.9倍と
なるが、EPS176.2円は無理だろうということを市場が織り込んでいるの
だろうね。

しかし悪い悪いといっても下期の既存店前年比は+11.3%だし、注視
すべくは棚卸資産回転率か。

前期末の【タビオ】は22.4倍で上場している専業会社がないので【ナイガイ】
あたりをみると9.5倍、強烈な回転率を誇る2685【ポイント】はさすがの
30.5倍です。
しかし第3Q時点で見れば、【タビオ】が12.4倍で【ポイント】は10.6倍、
【ナイガイ】は3.4倍ですね。つまり期末決算大処分を【タビオ】はして
いないということ。期末よりも各四半期の数字を注視していた方がよいと
いうことかな。

月次とともに、この数字にも注意してホールドですな。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/316-687d61f0
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。