【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切り、75%が実行せず

今日の日経新聞の記事から。

記事によると2007年7月からの株価下落局面での個人投資家の

Ⅰ 運用成績

Ⅱ 損きりルール

Ⅲ 株価下落の対応と結果

などがグラフになっている。


例えばTOPIXは昨年6月末から今年3月末で見ると1,774.88⇒1,212.96と

31.6%の下落でした。この間の個人投資家の運用成績はというと

25%以上の上昇 6.4%
0~25% 20.0%
▲25%まで 29.8%
それ以上のマイナス 43.8%

25%以上が6.4%もいることに少し驚いた。この期間で考えると
売り主体のトレードか超短期売買でないと難しいと思う。

で、気になったのはⅡの損切りルールなんですが、

損切り適用 12%
損切りをしない 75%
無回答 13%

というアンケート結果だ。


もう少し、損切りルールを厳格に守る個人投資家が多いと思っていたが
意外と出来ていないというのが私の感想。

私も基本的には75%の仲間ですがね。

私が損切りをしない理由は、そもそも「損切り」とは株価がある一定以上
まで下落したら機械的に切ることと認識しているのですが、この

株価が予想と反して下がったから切る

ということに違和感を感じるからです。


テクニカル分析などで買う投資家が、この理由で損切りするのは合理的だと
思うのですが、ファンダメンタル分析で買う投資家が株価が下がった理由で
切るのは論理的ではないではと思う。

私が損切りするケースは決算発表などで業績や方向性に買った時のイメージと
乖離が出た時で、株価水準関係なくスパッと切ります。

そうは言っても、実は株価だけの判断で切ることもありますが、これは銘柄に
惚れて買っている場合。

例えば成長株でビジネスモデルや業績の期待で惚れてしまった銘柄を買ったと
する。PERは軽く20倍を超えていることが多い。もう買っている時点で割高で
あることは認識できているので、少しでも下げれば切る。


とは言っても基本は損切りするような銘柄を買うな、買わない。

投資した銘柄の分析判断ミス

投資した銘柄の購入水準判断ミス

この2点は反省します。この2点に一点の曇りもなければ

「損切りってなんですか?」

「株って下がったら買い増しするんと違いますか?」

と言えるはず。ま~後はポートフォリオに占めるCPの関係もあるんでしょうがね。





コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/358-8873c041
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。