【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4767【テー・オー・ダブリュー】の代変わり

今朝の日経新聞記事に

収益力高い高配当銘柄 自動車・海運・医薬 上位に

という記事がありましたが、その中に配当利回りの高い順にランキング
された表が載ってます。

080517nikkei


基準は配当の他にROEと時価総額1,000億円以上でスクリーニングを
していますが、小型株好みの私は時価総額300億円以下でやってみました。

さらに絞り込むために

① PER 12倍以下
② 配当利回り4%以上
③ ROE 15%以上
④ 過去3年間売上高成長率10%以上
⑤ 自己資本比率50%以上

さすがに、ここまでハードル上げてくると6社しかヒットしませんでした。
(ジョインベスト証券にてスクリーニング)

配当080517

おっ!持ち株の4767【テー・オー・ダブリュー】が入ってますw
6月期末配当なので間に合いますよ、と煽ってみる。

その【テー・オー・ダブリュー】ですが売上の成長以上に利益率の改善が
目立ちます。

これは社長がいつだかの説明会で言っていた、いわゆる「代変わり」の成功で
創業以来、現取締役連中でガンガン仕事をし会社を成長させてきたけど、将来を
見据え次世代へのバトンタッチをしていかなければいけない。

2003年後半ぐらいから始めた権限の委譲、つまり2000年以降入社組に営業を
任せたわけですが、売上は兎も角、交渉ができないわけですから大手広告代理店
にいいようにやられる。当然利益率は低下するという図式な訳です。

4767080517

04.06期に利益が落ちているのは、この為です。

それでも更に若手に権限を委譲したまま05.06期、06.06期と仕事を覚えさせる。

この代変わりの成果が出始めたのがこの1月の上方修正。

この間、先が読めないということで中断していた中期事業計画の発表も復活して
います。つまり、これからは先が読めるということ。(ここから上方修正してますが)


近い将来の東証1部は見えていますが7839【SHOEI】と違って、BtoBのビジネス
である【テー・オー・ダブリュー】には東証1部のブランドは必須でしょう。

例えば、イベント企画を持ち込むクライアント側からすれば、良く分からない企画
会社に仕事を頼んでイベントが失敗したとする。その時の社内的な言い訳で困るこ
とを考えるとコスト高になろうとも【博報堂】や【電通】を通した方が保険という
ことを考えると安心ですから。その点で会社自体のブランド力を上げるというのは
理にかなっていると思う。

まだまだ川村社長以下、役員連中には頑張ってもらいたいが今後の若手の活躍も
大いに期待しています。


コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/378-80b0e8c3
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。