【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7201【日産自動車】の配当

先週末の日経で

長期金利が東証1部銘柄の配当利回りがを超す

という記事があったんですが利回り1.7%って、どっちもどっちかと。。


私は高配当銘柄が結構好きなんですが、税の二重課税という問題点は
さておき、今後の高配当がある程度約束されている銘柄の場合は、株価が
低迷している時に、

「まぁしばらく塩漬けだなw 
その間、配当利回りを考えれば、そんなに悪い話でもないしね」

と自分を納得させられる&心のゆとりを生みだせる、てなとこか(恥

ただし利回り的には4%位ないと納得いきません。
それと業績の絶対的な裏づけも必要ですが。


先週の決算発表で【日産自動車】がありましたが、ここは高配当です。

今期の予想配当は42円で利回りは4.29%あります。

もともとは高配当な会社ではなかったのですが、カルロス・ゴーン氏が就任
してから大きく変化しました。

ゴーン氏が社長に就任したのは平成12年6月です。

配当の推移をみると面白いです。


決算期   EPS    配当額   配当性向

H12.03期   ▲179.9円   0円   -
H13.03期      83.5円   7円  8.3%
H14.03期     92.6円    8円  8.6%
H15.03期     117.5円  14円  11.9%
H16.03期     122.0円  19円  15.5%
H17.03期     125.1円  24円  19.1%
H18.03期     126.9円  29円  22.8%
H19.03期     112.3円  34円  30.2%
H20.03期     117.7円  40円  33.9%
H21.03期予    83.4円  42円  50.3%


配当性向がどんどん上っていって今期は減益予定にもかかわらず増配予定ですw

ルノーの資本参加が始まった頃から復配し、その後は増配路線。
44.3%もルノーが株式もっていれば、そして社長はゴーン氏なわけですから
当面の高配当はお約束されたようなものなんでしょうね。


私は、この銘柄に全く興味はありませんがね。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/380-e19a5acd
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。