【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自社株買い「規制一部撤廃」

日経より

麻生太郎首相は10日、世界的な株安への対策として、上場企業の自社株買いに関する
規制の一部を週明けから年内いっぱい撤廃する考えを記者団に表明した。



ん~効果あるんかな?

1.買付け注文時間についての規定、つまり大引け前30分は買付けができない。

2.1日の買い付け可能数量、つまり直近4週間における1日平均売買数量の25%まで。

このあたりを一時的に撤廃するとのことらしい。

小型株で薄商いの銘柄での効果は期待できるかもしれませんが、例えば日経225などの
指数に対する影響が果たしてどこまであるのか、まさか引け値関与まではしないだろう
から期待はしていません。

さて薄商いの小型株への影響を考えてみると

例えば3711【創通】

5/30に自己株式取得を発表している。

6/21~8/21で1000株250百万上限。

結果は218株 もっと買えよ・・・

ちなみに8月1日から21日で59株買ってますが、カレンダーみると15日間あるので1日
あたり3.9株の取得という計算になる。
直前4週間でザックリ計算してみると、つまり7月の出来高が336株で22営業日で割ると
1日あたりの出来高は15.27株。
これの上限25%を計算すると3.8株になるんですよ。

つまり218株かよ、もっと買えよボケ!と一見思える数量はルール上限界だった訳で。。


ルールが一時的に撤廃されれば結構買うのではないだろうか?>創通

1.現金が79億もある。時価総額は93億。

2.5/30に自己株式取得を発表した時は、前日終値238,000円でしたが、1000株を
  250,000千円上限が取引内容。
  今回10/1の発表は、前日終値233,400円と前回より株価は安いですが、1000株を
  300,000千円上限でのリリース。
  買う気が感じられます。

先週あたり22万円で必要に拾っている輩がいましたが、あれは多分自社株買いだった
と妄想しています。ぱっと数えていた感じだと確かに限度数量程度の板(22万で20単位)
だったので、今回の規制撤廃は追い風になるんではなかろうか。

というか那須のオサーン、70歳になったんだから、そろそろ考えても良いんじゃないの?
那須オサーン+ナスコ=54.8%
これ、どこへ往くのか。。。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/460-7c74a030
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。