【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル経済崩壊後の安値 当時と現在の比較

日経新聞の記事にあったので比較をみると


2003/04/282008/10/24
日経平均7607円88銭7649円08銭
ダウ工業株30種平均8471ドル61セント8378ドル95セント
円相場120円20銭95円14銭
長期金利0.605%1.480%
米原油先物価格25.49ドル64.15ドル
予想PER109.09倍10.25倍
PBR1.20倍0.89倍
予想配当利回り1.44%2.77%
消費者物価指数0.1%2.1%
日本の完全失業率5.5%4.2%

日経平均、ダウともに5年半前に戻ってますが他の指数が当然違います。

長期金利は当時は0.6%程度ですか。これ、例えば配当利回りにも関連
するんですが、

配当利回り-長期金利のスプレッドが当時も結構あったということ。
しかも今の配当利回りは、今後の業績下方修正で低下する恐れもありますし・・・

原油先物はドルベースでみても、やはり高いですな。

予想PERはちょっと判定不能ですな、しかしPBRは立派だと思います。
会計制度の厳格化で当時よりは十分まともな資産をベースにしている
はずですから、、、有価証券の含み損を抱えてきているという問題点も
ありますが。


こっちは日本企業の収益力と財務体質を見たもの。


2003年3月期2008年3月期
売上高営業利益率4.90%6.06%
自己資本利益率3.83%9.27%
自己資本比率29.65%36.48%
負債資本倍率1.180.76
手元資金39.3兆円46.7兆円
邦銀の不良債権額34兆3062億円11兆607億円
同比率7.8%2.48%


見事な改善です。特にROEの数字が良くなってきています。ま、こんな時代
ですからROEよりもROAを見たほうが個人的には宜しいかと思いますがね。

手元資金は、もっと潤沢にあるのかと思いきや、きっと有利子負債が激減
しているのではと単純に考えてます。

当然、邦銀の不良債権は激減してます。ただし今は知らんよ、この数値は
2008年3月期の表に出ている数値ですからねw

どっちにしろ、まともな企業だったら、ココからの下げは遠慮なく買って
いくべしと考えますが。

指数だけみると、先週金曜日は買っているべきですが、私が見ている銘柄は
全然下げてないのよね。。。
どうも10月10日が底っぽい雰囲気あるんですが、買うのはこの水準から下で
いく予定です。

今後の業績も比較的安定すると思える無借金企業の株価が益利回りで12%とか、
で配当利回りは5%とか、5年ホールドで株価20%下がっても税引後で損なし
ですから、まともな会社が、ここから下がって益利回り15%というのも、それ
はそれで気にならないと思うのは私だけか?

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/475-32131c4f
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。