【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWAY お勧め図書

自戒の念を込めて書いときます。

あなたはなぜ値札にダマされるのか?―不合理な意思決定にひそむスウェイの法則

一部ご紹介を(宣伝ということで許して貰おう)


スウェイの法則2  コミットメントの法則


ある物事に時間や労力やお金をかけたあとでは、それがうまくいかないと
わかっていても止めることができない



ひとつのことを長く続けているうちに、執着心が沸いてきて、ほかの道を
選べなくなることがあります。

このコミットメントの力と損失回避の力は、それぞれに強い影響を持ちますが
両者が合わさると、非常に不合理な行動を引き起こします。

負けつつあることを知っていながら自分では方向を変えられないばかりか、
極端な楽観主義すらもたらすのです。

結果的に、損失を先延ばしにするコストは非常に高くつくことになります。


自分に置き換えて考えると ⇒ 損切りできないケース

変に銘柄に対する思い入れという厄介なやつですか。。思い入れとは、
その銘柄のことを調べた時間や労力、そして買値ってやつですかね。




スウェイの法則4   評価バイアスの法則


ひとたびある物事に評価をくだすと、それに反する証拠が見えなくなる


私たちは、たったひとことの評価で、物事に対する認識をがらりと変えてしまう
ことがあります。そして、ひとたび評価をくだしたら、それを見直すことができ
なくなります。

この評価バイアスの罠は三つあります。

ひとつ目は、評価に反する客観的データを無視すること、ふたつ目は、的はずれな
要素を重く見て、そちらに信頼を置きすぎること。
三つ目は、こうした罠にもかかわらず、私たちは評価能力を過信しがちなのです。


yahoo!板などで見られる、反対意見に対する攻撃。

私の場合も、的はずれな要素にウェイトをかけ過ぎる、期待し過ぎることがあるので
注意せねば。。そうそう評価能力を知らず知らずのうちに過信してしまうのよね。。


あ~心が痛みます。。






コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/532-a63094ac
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。