【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天丼あきば スタートはまずまず?

2月17日の業界紙にアークランドサービスの記事が出ていました。


アークランドサービスは新業態の展開を進める。今期(12月期)は「天丼あきば」
を3店舗、「鯛焼き処武蔵家」を10店舗出店する計画。
出店と同時に業態確立に向けた検証を進め、将来の多店舗化につなげたい考えだ。
主力の「かつや」に続く柱の育成に取り組む。


「天丼あきば」は、同社にとって3度目の挑戦となる天丼業態。現在川崎市内に
1店舗を出店し、1日の平均来店客数が約500人に達するなど好調だ。

今回は過去の失敗を活かす形で、主要メニューを天丼3品、定食3品に絞り込んだ。
メニュー数を絞り込むことで作業効率の向上と提供時間の短縮を目指す。
看板メニューは海老天5本を乗せた天丼で、価格はワンコインの500円。
そのほか、“上天丼”700円や“天ぷら定食”600円といったメニューを揃えた。

店内も従来の天丼業態とは変え、オープンキッチンで天ぷらを揚げるようすが見え
るようにした。
また、天ぷらの調理にはオートフライヤーを使わず、本場の天ぷら専門店のような
完成度の高い商品提供を目指す。

4月には2号店の出店を予定しており、今後はロードサイド型店舗の検証も進める
考えだ。徐々に出店を進めながら「多店舗化可能な業態へ確立していきたい」
(臼井健一郎社長)と方針を示している。


天丼あきばの客数は500人ですか。もっと駄目かと思ってましたが、まずまずの
スタートですな。

まぁ、最初は客がつきますが一般的な飲食店の既存店が前年を割るように今後は
注視しますけどね。

というか500人というのが実際に繁盛しているのか?

と思う人もいると思いますが9861【吉野家】安部修仁社長が以前こんなことを
言っています。


吉野家では、「客数主義」を社会における存在感やマーケットに支持されている
かどうかを計るバロメーターにしています。
客数という数字で実感することで、自己満足に陥ることを防止しているのです。
そのため、1日500人以上の客数をもって、繁盛店と定義しています。



500人がひとつの基準というのは、妥当なところですか。


で、かつやの今期出店予定は、どうなのよ?

これ決算短針にも全くふれていないし、どうなっているのかね?

今期も今日現在で北九州上の原店の1店舗だけだし、景気悪化によるFCへの加盟
意欲が低下しているみたいなことをどこかで見た気がしますが、それだけかね~

費用対効果の程は知るところではありませんが、3月9日から始まるフランチャイズ
ショー
にも参加しないみたいだし。

この景気だからこそ攻めの出店を期待しているんですが。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/639-258a4c28
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。