【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/06≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田アカデミーの謎

以前Blogで書いた4718【早稲田アカデミー】の株価はすこぶる順調ですね。

業績修正や東証2部上場などカタリストにことかかない状況で、ついこの間
まで1,500円程度だった株価が嘘のようです。

早稲田アカデミー0210チャート


さすがに今は1枚も持っていないのが残念ですが・・・

残念で悔しいから書くわけではありませんが、ちょっと面白い本を見つけました。

「中学受験2008首都圏 塾ランキング 」という本なのですが、


例えば塾偏差値なるものが出ていて

都内では1位が、今年首都圏に進出してきた関西の雄希学園で偏差値95!
(95って偏差値が良く理解できないのですが・・・)
2位はSAPIXで71、早稲田アカデミーは3位で偏差値は63という数値が記載されています。

ま~この辺の数字の根拠は良く分からないのですが、興味深いのは早稲田アカデミーが
あれだけの難関中学の合格率を誇りながら中学別で見た場合に1位の中学はないらしいのです。

勿論昨年の実績なのですが、この本によれば早稲田実業や早稲田中学でNo1とうたっているが
実際調査してみると、

早稲田実業は

1位 四谷大塚 121名
2位 早稲田アカデミー 107名
3位 日能研 81名

早稲田中学では

1位 四谷大塚 155名
2位 日能研 148名
3位 早稲田アカデミー 94名

という数字になるらしい。

今現在もここの株主でいたならば、この辺を徹底的にIRに聞きたいところなんですが、
今の私には関係ないのでホルダーで気になる方は、質問してみてはどうでしょうか。

コメント

このカラクリはですね…

早稲田アカデミーは四谷大塚の提携塾になっています。
そして、早稲アカ生の多くは四谷大塚のYTテストを受けています。

四谷大塚の合格実績はYT受験者の実績ですから、
ふだんから四谷大塚に通塾している生徒の他に、
早稲アカのような提携塾の生徒の合格実績も含まれているのです。
通常授業の通塾ベースで考えると、早稲アカが合格数ナンバーワンということです。

情報ありがとうございます

なるほど、そういうカラクリですか。
ということは早稲田アカデミーの数字は実質を伴っていますが、
四谷大塚は水増し?ということになりますかね。

早稲田アカデミーといえば2143【秀文社】が今度IPOで出てきますね。
主幹事がSMBCなので配分ありそうな気もしますが仮条件高値で1単位
12万ですから、当たっても対した利益になりませんかな。
まだ分析していないので、暇な時に見てみようと思っています。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://basaro.blog56.fc2.com/tb.php/81-3d137887
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。

【早稲田アカデミー】について

早稲田アカデミー|略称 = 早稲アカ|本社所在地 = 東京都豊島区池袋二丁目53番7号 |設立 = 1979年7月17日|業種 = 9050|製品・サービス = |代表者 = |資本金 = 4億6,730万円|売上高 = |従業員数 = |外部リンク = http://www.waseda-ac.c ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。