【失われた10年】 今こそ リベンジ!復活の日本経済

2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4767【テー・オー・ダブリュー】第3Q決算

既に第3Qの数字が出てますが、書いときます。


東京モーターショーの影響で中間時点では前年割れだった数字がどうなったか。

電通やら博報堂やら、いわゆる広告関連業界が景気低迷をもろに受ける中、

【テー・オー・ダブリュー】は、どうなのか。ホルダーとして興味あるところ。


第2Q時点での数字をおさらい。前年数字⇒今期数字で書いてます。


売上 7,793 ⇒ 7,156
営業利益 751 ⇒ 748


これが第3Qになって

売上 10,621 ⇒ 10,141
営業利益 953 ⇒ 1,011


売上はまだ前年をカバーできてませんが、営業利益は前年をクリアしました。

計算上、東京モーターショーの分を考えれば売上も前年を超えてはいますがね。


ただし足元の業績は、相当厳しい感じがします。

4290【プレステージ】決算

ここも【セブン銀行】同様、着地は良いが今期予想がしょぼい。


前年比でみると売上が+9.6%の利益+31.2%なのですが

今期予想は売上+3.7%の利益も+4.8%

自動車関連部門が駄目かと思ってたら、意外や、その部門が好調らしい。

実質無借金のような状況でキャッシュが前年が611百万のイン、

今期も2,187百万のインであるのに時価総額8,897百万。

売りたい人は売ってくださいな。

株価118,600円でPERは6倍です。

7483【ドウシシャ】決算

売上、営業利益など若干の前年割れですが、ほぼ同額でデリバティブでの特損分が

当期利益の前年比▲10.2%の主要因。


ここでもPBは頑張っていますが、ブランド品は駄目という傾向がしっかと出てます。

有名ブランド 前年比▲20.2%
PBブランド 前年比+5.6%

問題の今期の見通しは

売上が前年並みの利益率は向上してますが、私は懐疑的です。

利益率は為替次第で十分可能かもしれませんが、売上自体が前年を
キープできるのか?

3097【物語コーポレーション】第3Q決算

正直、どうでも良くなっている銘柄です。

100株しかもっていないので、配当すら取りに行くの忘れたしw

090508

7296【FCC】決算

さすが自動車関連ですから決算厳しいです。

前期 ⇒ 今期 ⇒ 来期予想 を売上げで見ると

133,747 ⇒ 121,279 ⇒ 90,000

と急ブレーキ


営業利益でみると更に激減で

14,594 ⇒ 8,077 ⇒ 1,200

赤になってないだけ、ましと考えるしかないかね。

久々に4653【ダイオーズ】をチェック

久々に【ダイオーズ】の決算をみてみるが、意外と順調なんだよね。

第3Q決算

わたしゃ、てっきりアメリカの景気減速をまともにくらっていると
思っていたんですが、さほど影響なしといった感じですか。

為替の影響は勿論うけてますが。

2170【リンクアンドモチベーション】決算

建国記念日 休みで良かった。
アメリカ、欧州、結構な下げなので日本も連れ安するとこだった。

下げに耐えられるポジションに変更中とはいえ、相場が弱けりゃ
それなりに痛むポートフォリオですから。


さて、オザサカンパニーこと2170【リンクアンドモチベーション】の決算が
出ているのでチェックと。

7722【国際計測器】第3Q決算

予想どおりの下方修正ですね。

ここの株価下支えは配当利回りにあるんではないかと思ってますが、

減配です 下期18円⇒12円の通期30円

配当性向71%ですか。きばりましたな~ 
実質来期は10円+10円の通期20円出ればOKで考えていた方が良さそう。

これでも配当利回りは6%近くありますがね。


というか来期大丈夫か?

第3Qの減速はかなりのものですが。

四半期ベースの売上は平成17年3月期からエクセル入力でチェックしてるが
過去最悪で第3Qだけで前年比較すると▲60%の受注ダウンですが。。

昨日発表された機械受注が過去最大の減収幅だったことからも分かるように
当面日の目はみないかな。

監視銘柄からそろそろ外すかな・・・

7296【F.C.C】第3Q決算

既に先日下方修正を出していますが、下方修正とはいえ自動車部品を
扱う会社だと思うと、かなりまともな数字に見えるのは気のせいか?

第3Q決算

ホンダの第3決算で書かれている

通期は二輪事業の踏ん張りで1400億円の黒字を死守

ここにきてのエフシーシーの強みは、2輪クラッチが業績の半分以上を
占めていたということですな。

2輪用クラッチだけをみれば前年同期比+4.0%ですから立派立派!

それと売上比率でアメリカが18%、ヨーロッパは英国に少しだけ
というのが業績の急ブレーキを緩和してくれているのでしょう。

ヨーロッパへバンバン輸出していたら来期は更に頭を痛めることと。。

ま~痛車、例えばピアジオなんかは駆動系が相当弱いらしいので、
やっぱりね~エフシーシー使わにゃ駄目よと思ったりするんですがね。

業績修正後の予想PER13.4倍 第3Q終了時点でのPBRで0.62倍は、
割安感はないけど、優待銘柄としてみれば継続ホールドOKかな。

100株×2口座は、それなりの含み損ですがね・・・

3376【オンリー】第1Q決算

やはり不景気になるとお父さんのスーツは後回し、この業界は厳しいですな。
オンリーは比較的、個人的な印象ですがオサーンよりも若い世代が購入層と
見ているので多少は影響少なしと思ってはいますが、第1Qは案の定、低迷ですか。

第1Q決算

売上は前年比+9%で計画進捗並みといえますが、営業利益が駄目ですな。

ただし今期しょっぱなの9月に業務提携開始した丸井店舗に一気に(オンリー的には)
4店舗出店してるので立ち上げ費用と思えば、ま~妥当なのかもしれませんが。

業界1位の8219【青山商事】の営業利益率が11.0%
業界2位の8214【AOKI】が9.6%
業界3位の7494【コナカ】は見るも無残・・・

それを考えれば、不景気真っ只中の第1Q営業利益率11.4%は立派立派で褒めてあげたいw

流石に終値39,950円のPER4.58倍、PBR0.65倍は、ここから売られんだろうと妄想。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。